メインイメージ画像

新築そっくりに生まれ変われる外壁のリフォームについて

住宅は年々劣化するものです。家の外壁塗装は新築から10年以上経つと、紫外線や雨風で傷んできます。外壁に使われている塗料には寿命があるから、寿命が来たときは塗り替えた方が良いです。もし気にせず傷んだまま放置しているとその寿命がきた部分から雨水が侵入してきて建物自体の寿命を短くする恐れがあります。塗料の色もくすんで見栄えも悪くなります。そのときは外壁リフォームを依頼されると、まるで新築そっくりの新しい外観に生まれ変わります。

外観だけじゃなく建物を劣化から守ってくれる他に多様なメリットがあります。

外壁塗装に活用される塗料には、アクリルやウレタンやシリコンやフッ素など様々な種類があります。これらの中では右へ行くほど塗料の耐久性がより高くなり価格も高くなります。左に行くほど塗料の耐久性が低くなり費用は安くなります。フッ素は一般の家屋にはまだオーバースペックです。アクリルが一番お手頃な値段ですが、耐久性が低い分、塗り替え時が早く来ます。

価格と耐久性のバランスが取れているウレタンが一番一般の住宅に人気がある塗料です。もう少し予算を用意できる方にはシリコンが選ばれています。

今ではさらに耐久性や防音効果や消臭効果など多くの機能を持つ機能性塗料も登場してきました。遮熱や断熱性に勝っているので一般の塗料より夏は涼しく、冬は暖かい室内を期待できます。最近では特に都市部ではヒートアイランド現象で真夏には35度を超えるような猛暑日が多いです。そのぶんに真冬はとても寒くなりますが、そのようなときでも冷暖房が効きやすく冷暖房費の節約まで狙えることが魅力です。

どの塗料を選ぶにしても金額との兼ね合いになります。外壁リフォームを業者に発注するときは十分相談してみて下さい。予算内に収められる塗装プランの提案が受けられます。外壁を塗り替えるときは足場を組んで工事しやすくし、塗料が付着すると困る部分には養生します。それからご近所にあいさつ回りしてくれる業者もあります。工事完了後は自身で現場を見定め、同意したら工事終了し引渡しへと流れます。